ひとりごと

ぽつりぽつりと(ジュニア多め)

❄Happy Birthday 26th!!

 

 

こうじくん

26歳のお誕生日

おめでとうございます!

 

今年もこうやってお祝いできることを嬉しく思います。

 

24歳は、『なにわ男子の結成』と『関西から関東へ』、『既存グループへの加入』の3本立てでお送りしましたが、25歳もなかなかの濃度でしたね。

色々あったけど、やっぱり、1番印象深いのは、『CDデビュー決定』そして、『CDデビュー』を果たしたことではないでしょうか??発表したのも、実際にデビューしたのも25歳の出来事でしたね。去年誕生日をお祝いしたときは、まさか自担がCDデビューするとは1mmも思ってなかったな…というか、こうじくんの新たな環境をやっと受け入れられるようになった、そんな時期だったな…。8.8のときにこうじくんがガッツポーズした、あの瞬間は震えたし、色々なことは想ったけど、素直に「おめでとう」を届けることができたよ。ジュニアという存在を教えてくれて、応援する楽しさを教えてくれた、こうじくんがジュニアを卒業するのは、感慨深かったですね。最初のジュニアの担当がデビューすることなんてなかなかのないことってことは、もちろん分かってた。だからこそ、それを成し遂げてくれた、こうじくんには、本当に感謝しかなくて。これからも着いていくんだろうな、と直感で思ったもん。

 

『CDデビュー』に伴い、お仕事をたくさん増えまして。『レギュラー番組2本』『カメラ専門誌の連載』が個人的には1番印象に残ってるかな。

『レギュラー番組2本』は、ドッキリGPとアイアム冒険少年ですね。まさかバラエティー番組のレギュラー、しかも全国を2本も勝ち取ってくるとは…こうじくんのバラエティー力を痛感した出来事だったな…関ジュのときに得たものが生きているんだなと、とっても嬉しくなったな…。その他にも単独でバラエティー番組に出演させてもらえる機会も多くって。こうじくんの努力が実を結んでいるなとひしひしと感じます。

『カメラ専門誌の連載』は、こうじくんの夢の1つ、趣味のカメラでお仕事がしたいが叶ったもので。ガチガチの専門誌の連載、わたしも読んだけど、ガチガチの専門用語で訳分からなかったよ…でも、こうじくんはそれが理解できるレベルで勉強してるんだなと。趣味も仕事に繋げられる、そんなこうじくんがすごいって思うし、誇りに思います。

 

そして、そして、忘れてはいけない、『まいど!ジャーニィ〜の出演』『まいジャニ大賞2019受賞』。

これは、多くの向井康二担が喜んだんじゃないかな。こうじくんの基礎を作ったと言っても過言ではないまいジャニ。関西ジュニアを卒業したため、番組自体も卒業扱いになってんけど、デビューが決まった後にゲストして呼んでいただいて。もちろんテーマは「向井康二」。一緒に頑張ってきた仲間からのメッセージは心にグッときて、ボロボロ泣いたな。こうじくんが関ジュのみんなに愛されてて、まいジャニのスタッフさんにも愛されてることが分かった回でした。まいジャニ大賞はまさかのみっちーがノミネートにあげてくれたから、まさかの初期メンバーが受賞してしまうという現象が起きましたね(笑)こうじくんめちゃめちゃ喜んでたからええけど(ゲロ甘)

あと、個人的になんですけど、こうじくんを知ったきっかけがまいジャニだから、まいジャニには特別な感情を抱いているんですよ。だからこそ、このお話は本当に嬉しかったな…まいジャニの出演者、スタッフさんに大感謝だった。

 

 

出会った頃とは、何もかもが変わってて、わたしが1番びっくりしてるんですけど(笑)でも、活動拠点が変わろうが、立ち位置が変わろうが、わたしは向井康二くんのことが降りられないんです。それぐらい魅力のある人。年々パワーアップしていくこうじくん、年々好きにさせてくれるこうじくん、そんなこうじくんが大好きです。もう、本当に罪な男なんだから…(n万回目)

好きな人には、どんな形でも幸せであってほしいって願っています。こうじくんは特に、ね。こうじくんが幸せな環境じゃなかったら、わたしはその環境を応援しないとまで思っているので(重)、だからね、たくさんの人に愛されて、幸せになるんだよ!!それがわたしの、1ファンの願いだよ。

 

こうじくんにとって素敵な1年になりますように。

 

 

 

* きっと、彼が好きなんだ

 

 

出会ったときは『関西』ジュニアだった。

一目惚れなんてしたことなかったけど、彼は間違いなく一目惚れだった。別の目的で見た番組、終わった後、名前も知らなかった彼のことを「好きだなあ」とぽつりと呟いた。調べたりはしなかったんだけど、妹が勧めてきた番組に彼がいてびっくりした。あの時の彼だ…って。意図せずに再会するわけで。(みたいな話は他の記事で書いてるはず。)

 

彼が所属する『関西』ジュニアが好きだった。わたしが好きになった時は、ユニットという概念がなかった。あったものは自然消滅し、地盤がゆるゆるのあの時期。本人たち曰く"焼け野原"の時期。あの時期から好きになったから『関西』ジュニアのファミリー感が好きだった。関西ジュニアがユニット名かのように全員が一丸となって頑張ってた。素顔4の関西ジュニア盤のナレーションで「個人戦」だと言っていたけど、わたしはそんなことは全く思ってなかった。1人のミスは関西ジュニア全体のミス、みたいな印象だった。ユニットがないからこそ、固定の組み合わせがなく、様々な形が見られた。色んな絡みが見られた。そんな『関西』ジュニアが好きだった。彼は、『関西』ジュニアの先頭を走っていた。関西ジュニアの代表としてお仕事いただくことが多かった。また、年齢と歴が他のメンバーより上なため、場をまとめることが多かった。50人近くいる『関西』ジュニアみんなに話を振り、雰囲気が良くないと感じたら自分からボケたり、ツッコミしたりして、場を盛り上げた。パフォーマンス力も高くて、バックをつけてのパフォーマンスはもちろん、ソロでパフォーマンスすることも少なくはなかった。彼こそ『関西』ジュニアの代表だった。

 

 

そんな彼が、あの日以降、『関東』ジュニアのグループに所属することになった。

 

わたしは『関西』ジュニアを応援していることに誇りは言い過ぎかもしれないけど、でも、それぐらい『関西』ジュニアを応援していることに自信を持っていた。し、『関西』ジュニアである彼が好きだと思ってた。彼が『関西』ジュニアでなくなることが想像できなくて、現実が受け入れられなくて、何回も泣いた。彼が『関西』ジュニアを抜けたその頃には、何年かぶりに『関西』ジュニアにもユニットができていて、新たな時代が始まっていた。それもわたしは受け入れられなかった。

ああ、私が好きになった『関西』ジュニアじゃない。

ユニットができてから薄々感じてはいたことだったけど、彼が抜けた今、それが確信になってしまった。

 

 

でも、『関東』ジュニアの世界を好きになれるのか。

 

『関東』に魅力を感じて応援するわけではない。というか今まで『関東』を敵視していた。というか『関東』にはない魅力が『関西』にはある、と信じて応援してきたから、どうなのかと。好きになったから『関西』から『関東』になったわけではない、と。

 

ジュニアを好きになって初めて、関東ジュニアのグループ、Snow Manを応援することになる。

 

『関東』と『関西』の違いに戸惑うこともあったけど、1番戸惑ったのは、担当である彼の変化だった。『関西』では、お兄ちゃんポジションを担っていたが、『関東』もといSnow Manでは、下から3番目。つまり、弟ポジション。とっても生き生きしているように見える。彼の兄弟構成が兄1人だったことを思い出す。あと、ダンスのスキル。関西のときもなかなかの上手さだったが、Snow Manに加入してから、間違いなく上がった。いい意味で癖がなくなった。表現力も上がってる。メンバーと頻繁にアイコンタクトをする姿を見た時は、感動と驚きで何故か泣きそうになった。Snow Manに加入したことで、彼にとっていい変化がいっぱいあった。だからこそ、『関東』をSnow Manを応援しようと思った。ここまで死ぬほど考えた。『関西』と『関東』を天秤にかけ、彼を見ながら、自分のこれからの立ち位置を考えた。たかがアイドルって言われたらそうなんだけど、でもわたしの中では大きな、大きな出来事だった。(ご飯がモノクロに見えたり、友人から心配されたり、何もかも捨てたくなるほどのレベルだった。)

 

Snow Manを応援する、担当をすると決めるまでにそれなりの時間をかけた。悩みながら現場に足を運んだ時期もあった。だからこそ、今は本当に大好きなグループ。デビューが決まった時も素直に喜ぶことができたし(ちょっと思うところはあったけど)、これからも着いていくという決断ができた。わたしは、この、9人が好きなんだと。

こんだけ悩んだグループだからこそ、わたしの『関西』と『関東』の概念をぶっ壊したグループだからこそ、絶対に、どんな形であれ、幸せになってくれよと願う。Snow Manが楽しそうにしているだけで、わたしも幸せになれるし、元気がもらえるんだよ。嫌なことだって頑張れるんだよ。だから、Snow Manのみんなは、自分たちが信じる道を(と時々ファンの需要を)進んでほしい、と。

 

 

結局な話、『関西』だろうが、『関東』だろうが、彼が、向井康二くんが好きなんだなと思ったよ。場所なんて関係ない、やっぱり君が担当なんだと。

 

『関西』のこうじくんも、『関東』のこうじくんも好きだもん。今でも過去の映像めちゃめちゃ見るもん。関西ジュニア時代のパフォーマンスの中でも、これには勝てないという殿堂入りのものもある。

 

こんだけダラダラ書いといて、結局、向井康二くん大好き~って内容かよって話なんですけど(本当にその通りすぎる)色々な経験をしたからこそ、この結論に至ったな、と。

 

ちなみにこうじくんの異動をきっかけに、『関東』のほうにも興味を持ち始め、ある『関東』ジュニアのグループを現在は気になっております。人生って何が起こるか分からないね(笑)

 

* IsLAND Festivalに思いを馳せて

 

 

   「ジャニーズ IsLAND Festival」は、

                                  私にとっての分岐点であった。

 

とあの公演から1年経った今、思うわけで。この公演がなかったら、もしかしたら、Snow Manの担当やめてたかもしれない。それぐらい私にとって、重要な公演だった。

 

 

2019年は、本当に本当にすごい年だった。担当である、向井康二くんが活動拠点を関西から関東に移し、Snow Manに加入した。(そして8月8日にCDデビューが発表されるわけで。)IsLAND Festivalはそんな彼の、9人体制初のSnow Manの単独公演で発表された。3月25日の公演、自分もその公演にいた。配信が切れた後のMCで突然発表された。Snow ManTravis Japanとなにわ男子で合同公演します。え??何これ??てかさいたまスーパーアリーナってどこ??

 

この時期に、このタイミングで、このメンバーでの合同公演。もちろん楽しさのほうが強かったけど、不安要素もあった。なぜなら、1度は通ってきている3グループだから。

Snow Manは、担当であるこうじくんが所属するグループ。勉強中。

なにわ男子は、結成から見てきたグループ。1番馴染みのあるグループ。そして、こうじくんの次に推してた長尾くんが所属しているグループ。

Travis Japanは、ジャニーズJr.祭り2018でパフォーマンスとMCを見て惹かれた。その年のサマパラも行ったし、いまを生きるも観劇した。キスマイ兄さん目当てでチケットを取ったYummy!!にもバックついてたし。

つまり、どのグループに堕ちる可能性がある。逆にこんなことがあっていいのか??と思うレベル。

あと、こうじくんがSnow Manに加入して半年弱で、なにわ男子との共演を見ることになるわけで。それに自分が耐えられるのかという心配もあった。

 

だからこそ、IsLAND Festivalには行くべきだと。このメンバーが揃ってコンサートをすることなんて二度とない。神様が私のために用意してくれたコンサートなのかと錯覚するぐらいの状況。

 

だから、このコンサートに行けることになった時、3グループともしっかり見て、惹かれたグループを担当にしようと決めた。

 

 

結果はSnow Manだったんですけど。

 

なにわ男子の選曲は、the関西だった。なにわLucky Boyとダイアモンドスマイルといったオリ曲はもちろん、Dial Upとバンバンッ!!、ハチャメチャ音頭という、関西のオリ曲を持ってきた。合同公演でロマンティックを持ってきたのは、攻めたなと思った。定番のC&Rを知らない人のほうが多いはずなのに(2/3が関東の担当だから)。いつもより声がないC&Rに戸惑った記憶がある。本当に、名刺のような曲選びだった。もちろん、刺さらないわけがない。関西担の血が騒ぐ選曲だった。こうじくんがいない違和感はずっとあったけど。

Travis Japanは、オリ曲を中心としたセットリスト。ここで初披露(ふりはぐでは披露してたけど)のTake it! Make it! も持ってきた。ワンチャンやVanillaなど、やり慣れてる曲も持ってきてた。トラジャもまた、名刺のような曲だなあという印象。

Snow Man。前半はオリ曲で、後半は蜃気楼とFREEZE、そして、初披露のLock on! 。すの単独に行ってたからってのもあると思うけど、刺さるよね。ダンスの迫力がすごい。そして、やっぱり自担は強い。気づいたら目で追ってるもん。探してるもん。

 

3グループシャッフルメドレーもよくってな~。Lady ダイアモンドはまじで可愛すぎたよ、もちろんふっかさんもかわいかったよ(大声)。雪白の月は皆様歌声がよくって、耳が溶けるかと思ったし、ラウみちの青春アミーゴは、この2人に令和を任せたいと思った。willはシンプルにダンスで勝負してるから、見惚れたし、ファイヤビは自担のギターで死にました(cv.角紳太郎)。

 

ジャニーズヒットソングメドレーだって、運動会だって、楽しかったよ!!(何故映像化してくれなかった。)最終日の配信切れた後のMCの怒涛の現場発表、死にかけながら聞いたな~~この辺からMCで重大発表するくだりできたよね。先にも後にもこの時の現場発表が1番パニックになったと思うよ。ドームもサマパラも虎者も少年たち(松竹座)も発表したもんね。(To be!もこのタイミングだったかな…)

 

 

この3グループのパフォーマンスや、MCを見て、自分は、Snow Manを応援したい、とそう決心したわけで。

 

もちろん、なにわ男子だって、Travis Japanだって魅力的で、素敵なパフォーマンスをだったよ。でもやっぱり1番が存在してしまうんだよなあ。私にとっての1番がSnow Manだったってことが、この公演で分かったんだ。

 

IsLAND Festivalが終わってから、前向きになれた。あーだこうだと思っていたこともあったけど、スッキリした。26日から数日後にLook on!のダンス動画上がったときは、電車で泣きそうになったな(笑)でも、それぐらい、嬉しかったし、Snow Manを好きになれたなって思う。めちゃめちゃにリピったな~(てかLook on! 初披露から1年経つんだね…)

 

 

最高の合同公演だったな~~合同公演っていいところも悪いところもあるけど、合同公演でしか見られない組み合わせや表情もあるんだよなあ。きっとこの3グループが合同公演することはないだろうなあ…と思うとちょっぴり寂しくなる。大好きだったよ!!

 

 

 

❄終わりなき旅初めよう

 

 

Snow Man CDデビューおめでとうございます。

 

8.8の発表から約半年。この半年は、ジュニアとデビューとの狭間という、二度と経験することがないであろう、貴重な貴重な期間だった。

長かったようで、短かった、そんな半年。

 

 

こんな日だから、ちょっと振り返りたい。素直に書くから、不快になる人もいるかもしれないけど、ちゃんと書き残しておきたい。

 

Snow Manというグループは、Kis-My-Ft2の担当をしていたので、バックに着いてくれているジュニア、キスマイさんと仲がいいJr.という形で知っていて。多分、関西ジュニアより前に知っていたような気がする。だから、顔と名前は一致してた。2016年のI SCREAM公演、Jr.コーナーでZIG ZAG LOVE歌ってたのもわりと鮮明に覚えていたりする。あと、妹が関東のJr.の担当をしていた時期があって、その影響もあって、Snow Manは関東のジュニアの中ではまだ知っている方ではあった。

と言っても、ジュニアは関西ジュニアしか追ってなかったし、関東のジュニアの現場も行ったことはあるけど、片手で数えられるほどだし、その半分ぐらいは関西ジュニアも出てる現場ばかりだった。

つまり、関東のJr.に関してはほぼ無知だった

 

あの日が来るまでは。

 

 

2019年1月17日。朝起きると、友人からのLINE。

向井康二 Snow Man加入 ってどういうこと??

急いでTwitterを開いたら、TLが荒れていた。色んな意見が飛び交っていた。頭が真っ白になった。何が起きてるの??その日の記憶はない。LINEは確か返した。涙は…友達が心配してくれて、その気持ちが嬉しくて泣いたけど、出来事に対しては泣かなかったかな。何も考えられなかったかな。

加入が決定してからの1週間ぐらい、本当に記憶がない。加入決定の翌日である18日の晩御飯は、ご飯の味がしなかった。ご飯が一瞬モノクロに見えて、やばいと思った。

 

2週間ぐらい経って、考えることをやめた。今どうこう言っても、変わることはない。それは関西ジュニアで何度も経験してきた。見てきた。そこへの覚悟はあったけど(あけおめの件があったからなおさら)、冷静になって、1番に考えたのが、Snow Man 加入は彼にとっていい決断なのかということだった。彼の担当を降りることもよぎったけど、彼に着いていくと決めた今、彼の決断を尊重したいけど、でも、その決断が彼を苦しめるのなら、わたしは応援できない。だからこそ、Snow Manを知る必要があると。

本人たちが出演する、滝沢歌舞伎ZERO、雪 Man in the show、ジャニーズ IsLAND Festivalの現場類。すの日常や雑誌などのテキスト類。ISLAND TVやYouTubeなどの映像類。見るようにした。最初の頃は6人のすのちゅーぶ見られなかった。でも、知っていく度に、本当に素敵な人達で、ああ、優しい人の塊なんだなと。義務だと思った時期もあったけど、だんだん自分から見たいと思うようになって。気づいたら水曜日はSnow Manの日というのが定着していった。

どの辺からSnow Manを応援する!ってなったんだろうって思い返してみたんやけど、ジャニーズ IsLAND Festivalが大きかったかも。自分の中では中々の賭けだった。Snow Manとなにわ男子が一緒にいる世界。どっちのグループも素敵だった。あ、結果出たやんって。だから時系列で言うと6月ぐらいかなあ。そのため、5月前半出た、自担のジュニア維新を買い逃したよ(優しいふっかさんの女が譲ってくれたよ)。

 

それからは、Snow Manを応援するのが楽しくって。好きだなあと思うことが多くなって、最終的にはまるっと好き!!(語彙力)ってなって。

そんな中の8.8でのデビュー発表、素直に嬉しかった。色々考えたけどね。でも、夢を叶えたやんって。シンプルにおめでとうやんって。

 

振り返って思うけど、この9人だからこそ、Snow Manのことが好きになったと思う。もちろん、6人あっての9人だとは思うけど、私が6人を語るのは違うと思うので。私は自分が見ている、9人についてのお話しかしないと思うし、できない。

 

もっと言うと、私は関西ジュニアも大好きです。これはずっと言ってるけど、こうじさんが拠点を移したからといって、嫌いになれるほど、そんな存在ではなかったよ、関西ジュニアは。私のジュニア応援するきっかけだから。

でも、Snow Manも大好きです。好きなものは仕方ない。好きなものを嫌いにはなれない。

 

 

改めまして、Snow Manの皆様、CDデビューおめでとうございます。ゴールじゃなくて、スタート。始まる旅にこれからも同行させてください。Snow Manの皆様にとって、素敵なことがいっぱいおきますように、祈っております。

 

 

題名はSnow Worldからいただきました。D.D.のカップリングだよ。

 

 

✨またこの景色が見られますように

 

あけましておめでとうございます。2020年が始まりましたね。年明けはこの記事を書くと決めておりました。

 

関西ジュニア

京セラドーム大阪公演 3日間

お疲れ様でした!!

#アオハル 横浜公演(11/15)で発表されてから、本当に本当にあっという間だった。

おめでとう案件すぎて、記事を書いたぐらい、嬉しい出来事だった。信じられなかった。

 

#アオハル、オリックス劇場(12/24)と城ホール(1/4)にお邪魔させていただいたんですけど、どんどん大きくなる会場に驚きしかなくて。城ホールに関しては、一昨年と去年は関ジュ総出演であけおめしてたんだよ??しかも4公演だったのに、なにわ男子単独で5公演、増えてる…。そして最後に控えるのは関ジュ単独での京セラドーム大阪。

 

こんなこと誰が想像していた??少なくともわたしは想像してなかった。関ジュだけで立つ京セラドームだなんて。

 

コンサート会場に向かう時に、こんなにドキドキしたのは久しぶりで。電車乗って、ずっと窓を見て。ああ、本当にドームに立つんだって。色々なこと思って泣きそうになった。

 

 

なにわとAぇは最近まで単独でコンサートを行ってたから、セトリはそこから引っ張ってきて、あとは定番曲かな~って勝手に思ってたけど、全く違った。一緒だったの、各グループのオリ曲とイッツマイソウルぐらい??(Aぇのセトリはあまり知らない)ああ、ドームのために準備してきたんだなって。めっちゃ楽しかった。選曲がよくって、ワクワクした。ドームでしか演出や映像も盛りだくさんで、関ジュがやらせてもらえるんだって。そして何よりも、あの大きなステージに立つ関ジュのみんながキラキラ輝いていて、何度も泣きそうになった。何も感じられずにはいられなかった。ペンライトが本当に綺麗だった。

 

終わっても、ふわふわした気持ちで。まだ夢の中にいるんじゃないかって。私がさっきまで見ていた景色は夢じゃないんだって飲み込むのに、時間がかかった。

 

 

オーラス、なにわもAぇもりとかんも現場の報告。特にりとかんの単独公演決定は、会場がざわついたし、とあちゃんは号泣してるし、何故かこじけんも号泣してて、お祝いムードで。ドームだけで終わらない関ジュ、本当にすごいなって。まだまだ前を向いて走るんだって。

 

本当にすごいよ、関ジュ。

 

 

オーラスと言えば、ダブルアンコの大ちゃんの挨拶。向井担としてはもちろんやけど、前を向き続けてる大ちゃんから、しょうれんやこうじさんやるーたくん、そして去った人たちに触れる挨拶がドームが聞けると思ってませんでした。色んなことを思い出して、色んな光景が浮かんで、気づいたら泣いてました。あんなの泣かないわけないよ。こうじさんのエピソードも、こうじさんらしくって、胸が熱くなったなあ。関ジュっていいなあ。

 

やっぱり、関ジュが好きだなと思いました。わたしがジュニアという存在を知ることになったきっかけ。応援したいと心の底から思った存在。

 

本当に素敵な景色だった。あの景色を忘れることはない、忘れたくないな。素敵な景色を見せてくれてありがとう。

関ジュみんな口にした

「また戻ってきます。」

その願いが叶うよう、これからも応援させてください。

 

関ジュのみんなにとって、素敵なこれからになりますように。

 

 

✨夢の舞台


今週のお題「〇〇の成長」


今週のお題があまりにもタイムリーすぎるなこれ。

○○を関西ジャニーズJr.にして、
「関西ジャニーズJr.の成長」についてポツリと。



関西ジャニーズJr.
京セラドーム公演決定
おめでとうございます!!

夢かと思った、いや、まだ夢じゃないかと思ってる。
新聞とかWSで取り上げられてるのを見て、
ああ、夢じゃないんだ本当になんだって思ってる。
(WSはアオハルのネタバレ含みそうなので回避してるのもあるけども。)


あの松竹座という、決して大きいとは言えない箱から
京セラドームというとてもとても大きい箱に。
まさか、関西ジャニーズJr.単独で立たせてもらえることになるなんて、誰も予想してなかったよ。少なくとも私はないと思ってた。だって、デビュー組でさえ立つのが難しいのに。


関ジュと京セラといえば、1番に思い浮かぶのは24*1での出来事。WESTがバックに関ジュをつけてくれて、関ジュコーナーを作ってくれて。関ジュだけで立つドームのステージ。そもそも大きな画面に関ジュが抜かれることすらが珍しい時代。ドームの大きな画面に関ジュのみんなが抜かれて、曲の歌詞が表示されて。その中で歌うハピラキもドリキャもビクゲもどれもキラキラしてて。泣きそうになった。関ジュだけでドームに立って、4万5000人にパフォーマンス披露してる。いつもの松竹座とは見る景色とは全く違う。すごいな…という感情しか出てこなかったけど、今思えば本当にすごいことで。貴重な瞬間を目撃したんだなって。


これが2016年のことで、2017年は4年振りに2018年の年明けにあけおめが開催されることが発表されて、2018年は秋のコンサートも決まって、年々動員数を増やして。今年は大阪を飛び出してなにわはスノトラとの合同公演や全国ツアー、Aぇは東京での単独公演、凱旋の関西公演、近畿ツアー。毎年どんどん成長を続けて、ついに2020年はいつもあけおめだったところはなにわの全国ツアーの追加公演、そして関西ジャニーズJr.としての初めての京セラドーム。

本当に成長がすごい。

関西担してて、年々倍率が高くなっていることも感じていたし、人気になってるのもめちゃめちゃに感じてた。2019年のあけおめは本当に倍率高くて、ドーム埋めれるやろ??って冗談で言ってたけど、まさか本当に実現するとは思ってなかった。8.8祭りでさえ、ジャニーズJr.快挙!!って言われてたのに(めっちゃ倍率高かったけどな。)。



そんなわたしは担当が関東に移動したので、今年は関ジュを客観視してたんやけど、それでも、勢いが凄いって思ってた。リア友、気づいたら大橋担してた…(きっかけを聞いたら、気づいたらなにわ男子見てたとのこと)

今の関ジュに私の担当はいないんだけれども、24のときは立ってた担当は、この京セラドームは立たないんだけれども、でも、本当に嬉しかった。

ジュニアを好きになったきっかけは間違いなく関ジュで。私が追いかけた期間は関ジュにとってはほんの、ほんの短い時間かもしれないけど、それでも私にとってはかけがえのない存在なんだって今になって思う。まっじでいっぱい泣かされたけど!!(これはいい意味でも悪い意味でも)いろいろありすぎてキャパオーバーして、ジュニアの担当なんてやめる!!って思った時もあったけど、結局好きなんだよ!!頑張ってる姿見てたら嫌いになんてなれないし、応援させてほしいって思うんだよ。
担当が関ジュ名義ではなくなって、本気で関ジュという存在を真剣に考えて、何度も迷って、担当についていくことを決意したけど、やっぱり関ジュが好きだから。関ジュが1つ1つ夢を叶えていくのが(寂しい気持ちもあるけど、)嬉しいんだよ。


長々書いたけど、関西ジャニーズJr. 京セラドーム公演決定おめでとうな!!ってことを言いたかった!!
本当におめでとうございます。
2020年、本当に楽しみで、素敵な1年になりそうだな~!!

*1:♡24から感謝届けます♡ ジャニーズWESTの1stLIVE とにかくエモい

🌈最高の君に告ぐ


淳太くん32歳の
お誕生日おめでとう
ございます!!

はてブロ最大フォントで)


淳太くんが32歳になりました!!つい最近までえ??三十路??嘘だよね??嘘嘘信じてないよう(なんなら今も信じてない)って言ってたのに、あっという間に32歳になってたよ…おめでとうございます㊗️🎉🍾🎊とにかくおめでたい絵文字並べておいたよ、こんなんじゃ足りないけどね!!おめでとうございます(n回目)

今年はジャニーズWEST初のバースデーソング、「Make a Wish!!〜世界中が愛してる〜」が発表されたため、もちろん聴きながらお祝いしましたよと言いたいところですが、何をミスったのか「Big Shot!!」でお祝いしてしまったよ()いいけどね!!びくしょもいい曲だもん!!好き!!(Make a WishはびくしょのB盤だし、セーフだよ(何が))

夏生まれが5人もいる、ジャニーズWESTなので、淳太くんのお誕生日忘れがちというあるあるがありますが、お祝いしてもらえてるのかという心配を毎年してしまいます。今年はじゅんだいありーあるから、バースデーダービーが発表されたり??発表されなくても、お祝いしてくれてると思います!!(大声)



私事になりますが、淳太くんを応援して早4年になります。応援するきっかけは、Myojoの1万字インタビューで。文を読んだ瞬間に応援したい、この人(たち)を応援したい。と思ったわけで。キレのあるツッコミでもなく、動きが大きいのにズレないダンスでもなく、トリリンガルなところでもなく、theアイドルなところでもなく、かわいらしいお顔でもなく、彼の考え方や言葉選びのセンスに惹かれたわけで。応援するきっかけは特殊だけど、見るたびに好きなところが増えて、最終的には、淳太くん大好き(総括)みたいなところに落ち着きました。

めっちゃ正直なことを言うと、淳太くんと一緒に応援している、向井康二くんがまさかのCDデビューを決めまして、今はそっちを中心にしているところはあるのですが、

でも、でも、ジャニーズWEST見ると、淳太くん見ると、好きだなあって気持ちが溢れるのです。は〜!!逃してくれないな〜!!大好きだな〜!!(n回目)


淳太くんって、全然タイプじゃなかったんですよね。淳太くんに出会う前は黒髪でピアスはあいてない人が好きだったんですよ(ex : 横尾さん)。真反対じゃないか。なのに、好きになっちゃうんだから、淳太くんって一体何者…



淳太くんに出会って、いろいろなものを得ました。1番はツッコミ力。昔は完全にボケだったのに、好きになり始めてから、完全にツッコミポジになりました。あと、寒色が好きだったのに、今では身の回りは黄色のものばかりです。自分のイメージカラーも黄色になってます!!服も黄色買ってます!!染まってる自分怖い!!(笑)淳太くんが好きということでお友達も増えたし、行動力もついたし、自分の意見を伝えるということも積極的に行えるようになりました。大感謝。大感謝という言葉なんかじゃ伝えきれない。本当にありがとうございます。

これはきっとというか絶対やけど、淳太くんが何事にも一生懸命に取り組んでいるからです。一生懸命な人を見たら、自分も頑張ろうって思えるのです。

淳太くんに出会って世界が変わった人、私もやけど、沢山いると思います。
アイドルという道を、ジャニーズという道を、選んでくれてありがとうございます。

淳太くんは出会えて本当によかったと思わせてくれる人です。これからも淳太くんらしく駆け抜けてください。これからの飛躍に期待してます。


なんて言うてるけど、本当はジャニーズWESTが作る世界を、景色を一緒に見たいんだよなあ。ジャニーズWESTというグループを応援し始めてから、色々な景色を見せてもらえて、それが楽しくって。これからもそれが見たいんだよなあ。だから、応援させてください。


改めて、淳太くん32歳のお誕生日おめでとうございます。笑顔がいっぱいな素敵な1年になることを祈って…

最高の君に告ぐ " 世界中が愛してる!! "


p.s.
何故か淳太くんの誕生日なのに泣いてしまいました。嬉しさかな??こんな経験は初めてです。